「フェスララリン+異属性リスキーダブルUP」環境におけるバンド編成の調査(まとめ)【ショバフェス】

本記事では、リズムゲームアプリ「SHOW BY ROCK!! Fes A Live(ショバフェス)」に関する調査内容を紹介しています。

以前に、フェスララリン、リスキーダブルUPとスキルタイムUPを併せ持つ、ういうい、919(以下、標準編成の3名)で環境トップとなるバンド編成を調査しました。調査は数値計算による仮想スコアアタックでハイスコアトップを決めるという内容で、当時の既存ブロマイドを用いて行われました。調査内容は3回に渡って紹介され、今回はこれらの内容をまとめた記事です。

記事をまとめるため、調査した内容を改めて振り返ってみた所、強いブロマイドが新たに追加された場合についての内容が、潜在コンボUP一辺倒であったことに気付きました。楽曲によってはスコアUP特化ブロマイドのラインナップが乏しい場合もあり、ラインナップを充実させることで新たな一面が見えてくるのではと感じました。そこで、これを確認するために追加の調査を行いましたので、本記事ではこの内容も紹介したいと思います。

過去の記事において、既に既存ブロマイドを編成した場合の結果を把握されている方は、読み飛ばして「番外編」へ進んでください。

本記事をご覧になる前に
  • この記事ではリンクUP系統スキル実装前に調査した内容を紹介しています。そのため、記事の内容が最新の環境には当てはまらない場合があります。
  • スコアの計算はコンピュータによるシミュレーションで行っています
  • 実際の環境では記事にある様なバンドを編成できない場合があります
  • 記事にある様なバンド(1属性特化編成)を編成できない場合は調査結果の様にならない可能性があります
  • 楽曲をフルコンボできない場合やフルコンボしてもPERFECT率によっては調査結果の様にならない場合があります
  • 調査結果が未調査楽曲に当てはまらない可能性があります
  • MISSブレイクやMISSバスターを持つメンバーを編成したバンドでは調査結果の様にならない場合があります

調査した内容

バンドの固定枠である標準編成の3名と、変動枠である残り2名とでスコアアタックを行い、環境トップとなるバンド編成を調査した。

1枠2枠3枠4枠5枠
メンバーララリンういうい 919 候補者1候補者2
サポート固定固定固定固定固定
バンド編成のイメージ

バンドの変動枠に編成する候補者は、過去の調査結果に基づき、スコアへの貢献度が高いリスキー系統スキル、潜在コンボUPの2カテゴリから選出した。候補者が少ない場合は、調査対象楽曲でスコアに貢献できそうな者や、調査の意義がありそうな者を特別枠(別カテゴリ)として選出した。なお、スコアアタックは候補者の全組み合わせで行う。

各カテゴリ内の候補者が多い場合は、該当カテゴリ内で予選を行い本選への出場者を決めた。なお、一部の候補者は過去の調査結果に基づき、シードで本選出場とした。

そして、調査はParallelism Crown、カクレンボ、鳴動の3曲(Expert)で行った。

楽曲名タイプ特化属性ノーツ数
Parallelism Crownドキドキリズム381
カクレンボドキドキメロディ597
鳴動キラキラハーモニー807
調査を行った楽曲(Expert)

調査した環境・条件

調査した環境・条件は以下の通り。

調査した環境・条件
  • バンド
    • サポートには楽曲に応じて、リズム・メロディ・ハーモニーサポート値が高い5名を編成する
    • 全てのメンバー・サポートはフル強化状態とする(好感度・限界突破段階・ブロマイドLv・各種スキルLv全てMax、レゾナンスソウル2 Lv10・潜在解放状態)
    • レゾナンスソウル特殊効果:スキル発動率に関する効果以外は発動
  • プレイ条件
    • ステージ効果:+42%
    • やりこみ設定:140%
    • ノーツ判定:Full Perfect
  • その他
    • ハイスコアは1つのバンド編成につきスコアを1万回計算した時の最大値とした
    • ハイスコアとは別に平均スコア、スキル発動率100%とした場合のスコアも参考値として掲載する
    • 平均スコアの誤差はどれも±2万程度(信頼係数95%)。掲載は割愛する
    • レアスコアUP++のスキル発動率は30%(予測値)として計算した
    • 潜在能力「スキル発動率UP+」の効果はフィーバー状態によらず+20%(予測値)として計算した
    • リカバーコンボUP++の効果時間とクールダウン時間の具体的な値は未調査であるため、調査済のリカバースコアUP++と同じ値を採用した

スコアアタックの結果

スコアアタックの結果を楽曲毎に紹介する。

まずは標準編成の3名のスペック(タイプボーナスなし)を紹介する。

名前タイプリズムメロディハーモニーアクティブスキル潜在能力スコア・コンボ補正UPスキル発動率スキル効果時間スキル
クールダウン時間
ララリンワクワク9,0599,00313,397I’ll Be New Dawn+リズム、メロディを
50%UP
レイジン楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
ほんの少し
増加
少し延長少し短縮
ういういキラキラ4,0563,9509,940リスキーダブルUP++スキルタイムUP+レイジン楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
少し増加少し延長ほんの少し
短縮
919キラキラ4,13510,0364,283リスキーダブルUP++スキルタイムUP+クロモス楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
少し増加ほんの少し
延長
少し短縮
標準編成の3名のスペック
表の見方
  • ステータスはフル強化状態の値を掲載している(以下同様)
  • 「スコア・コンボ補正UP」列から右側はレゾナンスソウルの特殊効果である(以下同様)

Parallelism Crownのスコアアタックの結果

Parallelism Crownにおいて、4枠と5枠に編成する候補者(本選出場者)のスペックは以下の通り。

名前タイプリズムメロディハーモニーアクティブスキル潜在能力スコア・コンボ補正UPスキル発動率スキル効果時間スキルクールダウン
時間
デルミンドキドキ11,5384,7724,797リスキースコアUP++スキルタイムUP+ましゅましゅ楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
ほんの少し
増加
少し延長少し短縮
SSRういういキラキラ3,3773,1617,745リスキーダブルUP+スキルタイムUP+レイジン楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
少し増加少し延長ほんの少し
短縮
シュウ☆ゾードキドキ14,4144,2364,417レアスコアUP++スキルリキャスト
DOWN+
ドキドキ楽曲各1%
トラクロ楽曲各2%
少し増加少し延長ほんの少し
短縮
ドキドキ11,5824,6034,945スコアUP+++ドキドキコンボUP+徒然楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
少し増加少し延長ほんの少し
短縮
ほわんドキドキ12,1654,8845,083リカバースコアUP++ドキドキコンボUP+ましゅましゅ楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
少し増加ほんの少し
延長
少し短縮
表の見方
  • レアリティはSSRのみ表記する(以下同様)
  • ステータスはタイプボーナス加算後の値を掲載している(以下同様)
  • 「スコア・コンボ補正UP」の赤色は調査対象楽曲で適用される効果である(以下同様)

Parallelism Crownのスコアアタックの結果は以下の通り。

順位4枠5枠ハイスコアTopとの差スキル発動率
100%のスコア
平均スコア
1シュウ☆ゾーデルミン13,339,312013,322,00110,496,568
2シュウ☆ゾーSSRういうい13,173,162-166,15013,094,71710,209,592
3シュウ☆ゾー13,065,806-273,50613,028,71610,437,196
4デルミン13,052,781-286,53112,513,75510,164,137
5デルミンほわん12,997,664-341,64812,562,70510,215,970
6シュウ☆ゾーほわん12,943,485-395,82713,078,95710,480,926
7デルミンSSRういうい12,856,875-482,43712,692,5479,907,700
8SSRういういほわん12,650,609-688,70312,213,4079,808,308
9SSRういうい12,475,354-863,95812,160,1899,750,811
10ほわん12,456,298-883,01412,071,90810,013,437
表の見方
  • 標準編成の3名(バンドの1枠〜3枠)は掲載を割愛する

シュウ☆ゾーとデルミンの編成が環境トップとなった。また、既存の潜在コンボUP持ちを編成しても1位には及ばない。

カクレンボのスコアアタックの結果

カクレンボにおいて、4枠と5枠に編成する候補者(本選出場者)のスペックは以下の通り。

名前タイプリズムメロディハーモニーアクティブスキル潜在能力スコア・コンボ補正UPスキル発動率スキル効果時間スキル
クールダウン時間
ジョウドキドキ4,86712,0395,036リスキースコアUP++スキルタイムUP+ドキドキ楽曲各1%
どこゆび楽曲各2%
少し増加少し延長ほんの少し
短縮
SSR919キラキラ3,1667,7313,461リスキーダブルUP+スキルタイムUP+クロモス楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
少し増加ほんの少し
延長
少し短縮
はっくんドキドキ4,80112,0015,223スコアUP+++ドキドキコンボUP+ドキドキ楽曲各1%
ウワペタ楽曲各2%
少し増加ほんの少し
延長
少し短縮
シアンドキドキ5,22911,2415,726スワイプスコアUP+ドキドキコンボUP+プラズマ楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
少し増加少し延長ほんの少し
短縮
ギリリドキドキ4,82710,7424,941ダブルUP+++スキルリキャスト
DOWN+
ドキドキ楽曲各1%
ゼロティク楽曲各2%
ほんの少し
増加
少し延長少し短縮

カクレンボのスコアアタックの結果は以下の通り。

順位4枠5枠ハイスコアTopとの差スキル発動率
100%のスコア
平均スコア
1ジョウSSR91914,358,217013,918,86410,689,774
2ジョウはっくん13,965,701-392,51613,924,85010,859,722
3SSR919はっくん13,892,513-465,70413,168,38810,643,891
4ジョウギリリ13,789,067-569,15014,076,71310,739,012
5SSR919ギリリ13,712,300-645,91713,317,69810,540,058
6SSR919シアン13,525,039-833,17812,603,27310,276,666
7ジョウシアン13,511,845-846,37213,348,63410,492,715
8はっくんギリリ13,484,570-873,64713,289,37010,697,401
9シアンギリリ13,089,235-1,268,98212,695,35010,320,828
10はっくんシアン13,047,259-1,310,95812,529,09410,379,213

ジョウとSSR919の編成が環境トップとなった。また、Parallelism Crownと同様に、既存の潜在コンボUP持ちを編成しても1位には及ばない。

鳴動のスコアアタックの結果

鳴動において、4枠と5枠に編成する候補者(本選出場者)のスペックは以下の通り。

名前タイプリズムメロディハーモニーアクティブスキル潜在能力スコア・コンボ補正UPスキル発動率スキル効果時間スキル
クールダウン時間
SSRういういキラキラ4,0523,7939,294リスキーダブルUP+スキルタイムUP+レイジン楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
少し増加少し延長ほんの少し
短縮
ヤスワクワク4,2754,07810,001リスキースコアUP++スキルタイムUP+ドキドキ楽曲各1%
どこゆび楽曲各2%
ほんの少し
増加
少し延長少し短縮
シアンキラキラ7,5977,58712,006リスキースコアUP++スキルタイムUP+プラズマ楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
少し増加少し延長ほんの少し
短縮
659キラキラ5,1694,81212,039スコアUP+++キラキラコンボUP+ドキドキ楽曲各1%
クロモス楽曲各2%
少し増加ほんの少し
延長
少し短縮
双循キラキラ5,6345,4028,997ダブルUP+++どこゆびコンボUP+どこゆび楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
ほんの少し
増加
少し延長少し短縮
アイオーンキラキラ4,9564,64411,929リカバーコンボUP++キラキラスコアUP+シンガン楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
少し増加少し延長ほんの少し
短縮
チタンキラキラ4,9144,69411,925レアスコアUP++スキル発動率UP+アルカレ楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
少し増加少し延長ほんの少し
短縮

鳴動のスコアアタックの結果は以下の通り。

順位4枠5枠ハイスコアTopとの差スキル発動率
100%のスコア
平均スコア
1SSRういういヤス18,048,576018,457,38113,116,043
2SSRういういシアン17,877,285-171,29118,650,16513,416,085
3SSRういうい双循17,439,240-609,33617,342,03712,928,912
4SSRういういアイオーン17,395,804-652,77217,402,07613,001,725
5シアン双循17,125,391-923,18516,756,30612,899,262
6SSRういうい65917,029,731-1,018,84517,679,61413,067,225
7ヤス65916,993,771-1,054,80516,839,55412,765,269
8シアン65916,935,078-1,113,49816,995,79513,034,418
9シアンアイオーン16,819,765-1,228,81116,707,54612,886,724
10SSRういういチタン16,724,915-1,323,66117,333,46612,745,948
11シアンヤス16,620,241-1,428,33517,534,53612,965,182
12ヤスアイオーン16,522,486-1,526,09016,536,25212,635,326
13ヤスチタン16,369,216-1,679,36016,378,14212,386,778
14アイオーン双循16,353,092-1,695,48415,535,58512,441,620
15シアンチタン16,233,902-1,814,67416,539,14312,585,084
16ヤス双循16,122,265-1,926,31116,576,39812,659,847
17659双循15,929,017-2,119,55915,764,93412,513,257
18アイオーン65915,781,803-2,266,77315,776,53912,585,653
19チタン65915,751,072-2,297,50415,777,45812,353,098
20チタン双循15,632,642-2,415,93415,579,45212,254,868
21アイオーンチタン15,541,724-2,506,85215,492,99812,249,529

SSRういういとヤスの編成が環境トップとなった。また、2曲と同様に、既存の潜在コンボUP持ちを編成しても1位には及ばない。

番外編

調査した各楽曲の環境トップの編成に潜在コンボUP持ちが入らないという結果を受け、以前の記事では、2022年2月18日から開催されていたガチャで入手可能だったロージアを、調査楽曲用にカスタマイズしてスコアアタックを行った内容を紹介した。

この追加調査の経緯は、調査楽曲において当時の環境の潜在コンボUP持ちのスペックが低いという理由からだった。しかし、楽曲によってはスコアUP特化要員のラインナップが乏しい場合もある。そこで、今後追加されそうなブロマイドも含めて、改めてスコアアタックを行った結果を本記事で紹介する。

今回、追加で調査したのは4枠と5枠に「強いコンボ補正UP要員」または「強いスコアUP特化要員」を編成したケースである。以前の調査に登場したブロマイドでこれらに該当するのは、ロージア、シュウ☆ゾー、ジョウ(シアン、ヤス)である。そして、調査する楽曲に合わせてロージアのスペックをカスタマイズしたように、他のブロマイドも同様にカスタマイズして調査を行うことにした。

さらに、コンボ補正UP要員が潜在コンボUP持ちだけでは面白くないので、前述のシュウ☆ゾーをベースにアクティブスキルをダブルUP、潜在能力をスキルタイムUPに変更したブロマイドも追加で用意した。また、各ブロマイドは2体編成可能として調査した。

名前リズムメロディハーモニーアクティブスキル潜在能力スコア・コンボ補正UPスキル発動率スキル効果時間スキル
クールダウン時間
ロージア12,018
(14,421)
3,637
(4,364)
3,466
(4,159)
属性スコアUP+タイプコンボUP+クリクリ楽曲各1%
ワクワク楽曲各2%
ほんの少し
増加
少し延長少し短縮
シュウ☆ゾー112,012
(14,414)
3,530
(4,236)
3,681
(4,417)
レアスコアUP++スキルリキャスト
DOWN+
ドキドキ楽曲各1%
トラクロ楽曲各2%
少し増加少し延長ほんの少し
短縮
シュウ☆ゾー2同上同上同上ダブルUP+++スキルタイムUP+同上同上同上同上
ジョウ10,033
(12,039)
4,056
(4,867)
4,197
(5,036)
リスキースコアUP++スキルタイムUP+ドキドキ楽曲各1%
どこゆび楽曲各2%
少し増加少し延長ほんの少し
短縮
番外編の調査に投入する強いブロマイド
表の見方
  • シュウ☆ゾーは区別しやすいようにマーキングしている
  • ステータスはリズム特化型になるように必要に応じて入れ替えている
  • リズム、メロディ、ハーモニーの括弧内の数値はタイプボーナス加算後の値である

ちなみに、バランス調整のためか、既存のロージア、シュウ☆ゾーの特化属性ステータスはジョウよりも優遇されている。同様に、ダブルUPのシュウ☆ゾーも優遇した。

Parallelism Crownのスコアアタックの結果

本選の結果(表中に○で示す。以下同様)の一部を含めた番外編の結果は以下の通り。

順位4枠5枠本選ハイスコアTopとの差スキル発動率
100%のスコア
平均スコア
1シュウ☆ゾー1シュウ☆ゾー114,015,186013,837,96010,776,029
2シュウ☆ゾー2シュウ☆ゾー213,708,759-306,42713,454,71210,365,418
3ジョウシュウ☆ゾー213,587,318-427,86813,501,66810,486,319
4デルミンロージア13,568,838-446,34812,893,34510,622,642
5シュウ☆ゾー1ロージア13,530,542-484,64413,425,94410,906,055
6シュウ☆ゾー1ジョウ13,465,054-550,13213,608,22710,622,555
7ロージアロージア13,428,563-586,62312,797,51110,887,431
8ロージアシュウ☆ゾー213,406,892-608,29413,085,56110,613,786
9シュウ☆ゾー1シュウ☆ゾー213,390,789-624,39713,699,48610,610,706
10ジョウジョウ13,381,511-633,67513,381,51110,459,558
11シュウ☆ゾー1デルミン13,339,312-675,87413,322,00110,496,568
12ロージアジョウ13,265,926-749,26013,180,05010,748,327
13シュウ☆ゾー113,065,806-949,38013,028,71610,437,196
14デルミン13,052,781-962,40512,513,75510,164,137
15デルミンほわん12,997,664-1,017,52212,562,70510,215,970
16シュウ☆ゾー1ほわん12,943,485-1,071,70113,078,95710,480,926
17ロージアほわん12,839,293-1,175,89312,444,57910,453,116
18ロージア12,660,942-1,354,24412,403,95610,438,382
19ほわん12,456,298-1,558,88812,071,90810,013,437

レアスコアUPのシュウ☆ゾーの2体編成が環境トップとなった。また、1位は例外として基本的に強いコンボ補正UP要員を1名編成するのが良いと思われる。

カクレンボのスコアアタックの結果

「本選の結果」の一部を含めた番外編の結果は以下の通り。

順位4枠5枠本選ハイスコアTopとの差スキル発動率
100%のスコア
平均スコア
1シュウ☆ゾー1ロージア14,692,349014,358,01711,299,740
2SSR919シュウ☆ゾー214,499,900-192,44913,583,53810,577,102
3ジョウジョウ14,438,779-253,57014,513,22510,803,266
4ロージアシュウ☆ゾー214,426,659-265,69013,833,33810,891,122
5シュウ☆ゾー1シュウ☆ゾー114,385,355-306,99414,876,61211,262,843
6SSR919シュウ☆ゾー114,362,636-329,71314,120,70310,937,378
7ジョウSSR91914,358,217-334,13213,918,86410,689,774
8ジョウシュウ☆ゾー114,356,788-335,56114,697,99211,029,844
9シュウ☆ゾー1シュウ☆ゾー214,334,920-357,42914,542,97910,979,842
10ロージアロージア14,334,437-357,91213,605,18011,218,183
11ジョウロージア14,259,874-432,47514,165,74511,089,622
12SSR919ロージア14,232,732-459,61713,381,91910,876,845
13ジョウシュウ☆ゾー214,157,055-535,29414,409,03410,753,102
14ジョウはっくん13,965,701-726,64813,924,85010,859,722
15シュウ☆ゾー2シュウ☆ゾー213,935,702-756,64714,134,83710,621,322
16SSR919はっくん13,892,513-799,83613,168,38810,643,891
17はっくんロージア13,829,632-862,71713,354,57110,979,244

レアスコアUPのシュウ☆ゾーとロージアの編成が環境トップとなった。また、基本的に強いコンボ補正UP要員を1名編成するのが良いと思われる。強いスコアUP特化要員の2体編成でもまずまずの結果を出せている。

鳴動のスコアアタックの結果

「本選の結果」の一部を含めた番外編の結果は以下の通り。なお、鳴動ではジョウの代わりにヤスとシアンを編成する。

順位4枠5枠本選ハイスコアTopとの差スキル発動率
100%のスコア
平均スコア
1SSRういういシュウ☆ゾー118,302,487018,763,45013,520,749
2SSRういういヤス18,048,576-253,91118,457,38113,116,043
3SSRういういシアン17,877,285-425,20218,650,16513,416,085
4シュウ☆ゾー1ロージア17,806,801-495,68617,414,44813,616,505
5SSRういういロージア17,805,310-497,17718,019,68813,579,217
6シアンロージア17,721,040-581,44717,282,61313,480,821
7シアンシュウ☆ゾー117,673,067-629,42017,836,80513,343,754
8シアンシュウ☆ゾー217,531,728-770,75916,889,17712,935,800
9SSRういうい双循17,439,240-863,24717,342,03712,928,912
10SSRういういシュウ☆ゾー217,302,947-999,54017,529,56313,038,286
11シュウ☆ゾー1シュウ☆ゾー117,279,775-1,022,71217,937,58713,473,326
12シュウ☆ゾー1シュウ☆ゾー217,195,441-1,107,04616,933,70513,040,010
13シアン双循17,125,391-1,177,09616,756,30612,899,262
14SSRういうい65917,029,731-1,272,75617,679,61413,067,225
15ヤス65916,993,771-1,308,71616,839,55412,765,269
16ヤスロージア16,991,673-1,310,81417,143,92013,236,513
17シアン65916,935,078-1,367,40916,995,79513,034,418
18ロージアロージア16,932,041-1,370,44616,634,88413,624,617
19シュウ☆ゾー2ロージア16,770,790-1,531,69716,209,26013,085,118
20659ロージア16,737,200-1,565,28716,345,63013,144,296
21シアンヤス16,620,241-1,682,24617,534,53612,965,182
22シュウ☆ゾー2シュウ☆ゾー216,608,603-1,693,88415,862,70612,563,426
23双循ロージア16,546,453-1,756,03416,041,24113,002,081
24チタンロージア16,356,022-1,946,46516,058,70312,813,156
25ヤス双循16,122,265-2,180,22216,576,39812,659,847
26659双循15,929,017-2,373,47015,764,93412,513,257

SSRういういとレアスコアUPのシュウ☆ゾーの編成が環境トップとなった。SSRういういの強さは健在である。SSRういういを編成できる場合は強いスコアUP特化要員を編成し、編成できない場合は、強いコンボ補正UP要員(ロージア級)を1名編成するのが良いと思われる。

まとめ

今回は、フェスララリン、リスキーダブルUPとスキルタイムUPを併せ持つ、ういうい、919(以下、標準編成の3名)で環境トップとなるバンド編成を調査しました。

Parallelism Crown、カクレンボ、鳴動の3曲(Expert)において、数値計算によるスコアアタックを行い、その結果、以下のことがわかりました(2022年2月26日時点)。

フェスララリン+異属性リスキーダブルUPで環境トップとなる編成(当時の環境)
  • Parallelism Crown
    • 標準編成の3名、シュウ☆ゾー、デルミンの編成
  • カクレンボ
    • 標準編成の3名、ジョウ、SSR919の編成
  • 鳴動
    • 標準編成の3名、SSRういうい、ヤス(またはシアン)の編成

この結果から、Parallelism Crownの1位を除き、残りの2枠には強いコンボ補正UP要員と強いスコアUP特化要員を編成するのがポイントのようです。ただし、残り2枠用の強いコンボ補正UP要員と言っても、この3曲ではSSRういういとSSR919しかいません(しかも、楽曲と特化属性が合うことが前提)。また、既存の潜在コンボUP持ちブロマイドを編成しても、環境トップのスコアには及びませんでした。

Parallelism Crownの結果は、残り2枠に編成できる強いコンボ補正UP要員がいないだけかもしれませんが、この調査だけではわかりません。

今回調査した楽曲以外でも概ね前述のような傾向になると思われます。なお、今回の調査に登場したロージアのような強いコンボ補正UP要員が活躍できる楽曲はありますので、あくまで傾向として理解するようにしてください。


また、前述の環境トップは、強いブロマイドの登場で必ず変わります。そこで、今回の調査に登場したロージア、シュウ☆ゾー、ジョウ(シアン、ヤス)級の強いブロマイドが、各楽曲用に出揃った場合を想定した同様の調査も行い、その結果、以下のことがわかりました。

フェスララリン+異属性リスキーダブルUPで環境トップとなる編成(今後の環境)
  • Parallelism Crown
    • 標準編成の3名、レアスコアUPのシュウ☆ゾー級の2体編成
  • カクレンボ
    • 標準編成の3名、レアスコアUPのシュウ☆ゾー級、ロージア級の編成
  • 鳴動
    • 標準編成の3名、SSRういうい、レアスコアUPのシュウ☆ゾー級の編成

こちらについても、Parallelism Crownの1位を除き、残りの2枠には強いコンボ補正UP要員と強いスコアUP特化要員を編成するのがポイントのようです。ここで興味深いのはカクレンボの結果で、ロージア級の強いコンボ補正UP要員は、タイプと特化属性が楽曲と合えば、今回のSSR919のように特化属性のみ合った「リスキーダブルUP+・スキルタイムUP+」持ちブロマイドと同程度、もしくはそれ以上の強さであるということです。

Parallelism Crownについては、ロージア級の強いコンボ補正UP要員がいても、強いスコアUP特化要員、特にレアスコアUPのシュウ☆ゾーを2体編成した方が良いようです。既存ブロマイドのみを編成した場合の結果も踏まえると、「レアスコアUP × スキルリキャストDOWN」はノーツ分布の関係でParallelism Crownと相性が良いのかもしれません。

さらに、他の楽曲の結果も踏まえると「レアスコアUP × スキルリキャストDOWN」は「リスキースコアUP × スキルタイムUP」より強い可能性が出てきました。なお、この調査ではレアスコアUPのスキル発動率に予測値を使用しましたので、実環境でもこのハイスコアは理論上出るとは言え、その出やすさは今回の調査とは異なると思われます。

こちらも、今回調査した楽曲以外でも概ね前述の様な傾向になると思われます。

「フェスララリン+異属性リスキーダブルUP」環境におけるバンド編成の調査内容は以上です。