レゾナンスソウル3の効果を簡易調査【ショバフェス】

本記事では、リズムゲームアプリ「SHOW BY ROCK!! Fes A Live(ショバフェス)」のレゾナンスソウル3の効果を簡易調査した内容を紹介しています。

今回はレゾナンスソウル3に関して以下の調査を行うため、「EMPIRE DOMINATOR(Expert)」のハイスコアを計算してみました。

レゾナンスソウル3の効果について調査した内容【EMPIRE DOMINATOR編】
  1. キャラクター強化状態とハイスコアの関係
  2. レゾナンスソウル3の効果による限界スコア
  3. アイレーン3体編成時のハイスコア

調査したバンドの編成メンバーは以下の通りです(レゾナンスソウルの効果は一部のみ掲載)。

フェスほわんクロウハッチンアイレーン
アクティブスキルスコア135%UPキラキラリンクUP++
(スコア150%UP)
リスキーダブルUP++キラキラリンクUP++
(スコア150%UP)
潜在能力キラキラ楽曲で
スコア18%UP
キラキラ楽曲で
スコア7%UP
スキルタイムUP+スキルリキャスト
DOWN+
レゾナンスソウル3
Lv3の効果
アクティブスキルの
クールダウン時間短縮
アクティブスキルの
クールダウン時間短縮
アクティブスキルの
クールダウン時間短縮
アクティブスキルの
効果時間延長
レゾナンスソウル3
Lv6の効果
アクティブスキルの
発動率UP
アクティブスキルの
発動率UP
アクティブスキルの
発動率UP
アクティブスキルの
クールダウン時間短縮
レゾナンスソウル3
Lv9の効果
キラキラ楽曲で
スコア10%UP・
コンボ補正10%UP
シンガン楽曲で
スコア10%UP・
コンボ補正10%UP
キラキラ楽曲で
スコア10%UP・
コンボ補正10%UP
BVL楽曲で
スコア10%UP・
コンボ補正10%UP

各調査においてアイレーンは基本的にURとSSRを編成し、3つ目の調査では「スコアUP」と「スキルリキャストDOWN」を持つブロマイドも使用しました。ハッチンは2つ目の調査のみURとSSRを編成しました。

調査したバンドの編成難易度は高いですが、現在レゾナンスソウル3の強化対象を決めかねている方に特に参考になるのではと思います。

キャラクター強化状態とハイスコアの関係

「EMPIRE DOMINATOR」を以下のバンド編成でプレイする際に、特定のキャラクター1名の強化状態を変えていった時の強化状態とハイスコアの関係を調査した。

メンバー
1枠フェスほわん
2枠クロウ
3枠ハッチン
4枠URアイレーン
5枠SSRアイレーン

アイレーンを強化するとURとSSRのブロマイドが同時に強化されるが、単体ブロマイドへの効果を確認したいため「URアイレーンのみ強化する場合(特別仕様)」と、「アイレーン2体とも強化する場合(本来の仕様)」を調査した。

また、クロウのレゾナンスソウル3のLv9の効果はプレイ楽曲が条件を満たさないため発動しない。

調査環境・条件

キャラクター強化状態とハイスコアの関係を調査した際の環境・条件は以下の通り。

調査した環境・条件
  • バンド
    • 全てのメンバー・サポートの初期状態はレゾナンスソウル2のLv10とし、潜在能力は解放済み、好感度・限界突破段階・ブロマイドLv・各種スキルLv全てMax。ブロマイドLvはほわんのみLv80、その他はLv60
    • サポートにはキラキラタイプのリズムサポート値が高い5名を編成。これは、キラキラリンクUP系のスコアUP割合を最大化するため
    • レゾナンスソウル特殊効果:スキル発動率に関する効果以外は発動
  • プレイ条件
    • ステージ効果:+48%
    • やりこみ設定:140%
    • ノーツ判定:Full Perfect
  • その他
    • ハイスコアはスコアを1万回計算した時の最大値とした

調査結果

特定のキャラクター1名を特定の状態まで強化した時のハイスコアは以下の通り。なお、括弧内はレゾナンスソウル2のLv10の状態のハイスコア「25,658,013」に対する増加率を示す。

強化状態フェスほわんクロウハッチンURアイレーンアイレーン2体
RS2 Lv1025,658,01325,658,01325,658,01325,658,01325,658,013
RS3 Lv225,649,257
(-0.0%)
25,644,279
(-0.1%)
25,812,992
(0.6%)
25,397,670
(-1.0%)
26,012,506
(1.4%)
RS3 Lv325,965,458
(1.2%)
25,952,140
(1.1%)
25,517,291
(-0.5%)
26,004,696
(1.4%)
26,415,128
(3.0%)
RS3 Lv525,915,604
(1.0%)
26,187,144
(2.1%)
RS3 Lv626,883,672
(4.8%)
28,219,351
(10.0%)
RS3 Lv825,736,057
(0.3%)
25,997,308
(1.3%)
26,977,869
(5.1%)
28,244,924
(10.1%)
RS3 Lv929,097,896
(13.4%)
26,080,518
(1.6%)
27,846,383
(8.5%)
29,229,494
(13.9%)
33,551,898
(30.8%)
RS3 Lv1028,580,879
(11.4%)
26,247,955
(2.3%)
27,857,733
(8.6%)
30,075,577
(17.2%)
34,225,414
(33.4%)
表の見方
  • レゾナンスソウルはRSと表記する
  • 例えば、レゾナンスソウル3のLv10まで強化した場合のハイスコアであれば最下行を確認すれば良く、フェスほわん1体のみの強化で「28,580,879」、URアイレーン1体のみの強化で「30,075,577」、アイレーン2体の強化で「34,225,414」である

アクティブスキルのクールダウン時間の短縮、または効果時間の延長の効果

レゾナンスソウル3をLv3まで強化すれば「アクティブスキルのクールダウン時間の短縮」または「アクティブスキルの効果時間の延長」の効果が発動するようになるが、未強化からLv3まで強化することで「ハイスコアを数%程度増加させる」ことがわかった。

アクティブスキルのクールダウン時間の短縮と、効果時間の延長を合わせた効果

アイレーンに関しては、レゾナンスソウル3をLv6まで強化すれば「アクティブスキルの効果時間の延長」と「アクティブスキルのクールダウン時間の短縮」の効果が同時発動するようになるが、未強化からLv6まで強化することで「ハイスコアを5%程度増加させる」ことがわかった。

スコア10%UP・コンボ補正10%UPの効果

クロウを除いて、レゾナンスソウル3をLv9まで強化すれば「スコア10%UP・コンボ補正10%UP」の効果が発動するようになるが、Lv9の効果により「ハイスコアを10%程度増加させる」ことがわかった。

リズム・メロディ・ハーモニー5%UPの効果

レゾナンスソウル3をLv9からLv10に強化すれば「ライフ15%UP、リズム・メロディ・ハーモニー5%UP」の効果が発動するようになる。Lv10の効果により、アイレーン以外を強化した場合は「ハイスコアを増加させても微々たるもの」であるが、アイレーンを強化した場合は「ハイスコアを3%程度増加させる」ことがわかった。この理由は、アイレーンのアクティブスキルが強力なリンクUPであり、潜在能力によってアクティブスキルが強化されているためであると思われる。

レゾナンスソウル3の効果による限界スコア

レゾナンスソウル3を最大まで強化した時の「EMPIRE DOMINATOR」の限界スコアを調査した。参考のため、キャラクター1名のみ強化、2名のみ強化した場合についても調査した。調査したバンド編成は以下の通り。

メンバー
1枠フェスほわん
2枠URハッチン
3枠SSRハッチン
4枠URアイレーン
5枠SSRアイレーン

なお、事前に「キャラクター強化状態とハイスコアの関係」で調査したバンドとハイスコアを比較したが、レゾナンスソウル3未強化の状態でほぼ互角、レゾナンスソウル3を強化していくと上表のバンド編成の方が優勢であることがわっている。

調査環境・条件

キャラクター強化状態とハイスコアの関係」と同じ。

調査結果

各ブロマイドの強化状態と「EMPIRE DOMINATOR」のハイスコアの関係は以下の通り。なお、括弧内はレゾナンスソウル2のLv10の状態のハイスコア「25,723,589」に対する増加率を示す。

フェスほわんURハッチンSSRハッチンURアイレーンSSRアイレーンハイスコアライブ失敗回数
RS2 Lv10RS2 Lv10RS2 Lv10RS2 Lv10RS2 Lv1025,723,5892,154
RS3 Lv10RS2 Lv10RS2 Lv10RS2 Lv10RS2 Lv1028,808,944
(12.0%)
1,311
RS2 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv10RS2 Lv10RS2 Lv1030,577,472
(18.9%)
1,878
RS2 Lv10RS2 Lv10RS2 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv1033,623,582
(30.7%)
1,192
RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv10RS2 Lv10RS2 Lv1033,811,026
(31.4%)
1,783
RS3 Lv10RS2 Lv10RS2 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv1037,489,956
(45.7%)
1,115
RS2 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv1040,358,271
(56.9%)
1,471
RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv1044,426,847
(72.7%)
959
表の見方
  • レゾナンスソウルはRSと表記する
  • 強化状態は、黒色が「レゾナンスソウル2のLv10」、赤色が「レゾナンスソウル3のLv10」を示す
  • この編成はライブ失敗することが多いため、ライブ失敗回数も掲載する

キャラクター1名を最大まで強化する場合の限界スコア

キャラクター1名を最大まで強化する場合は、アイレーンを強化すると最もスコアが高くなり、3400万程度のスコアとなった。

キャラクター2名を最大まで強化する場合の限界スコア

キャラクター2名を最大まで強化する場合は、アイレーンとハッチンを強化すると最もスコアが高くなり、4000万程度のスコアとなった。アイレーンとハッチンを強化すると合計4枚のブロマイドを強化できるため、順当な結果であると思われる。

全キャラクターを最大まで強化する場合の限界スコア

全キャラクターを最大まで強化する場合は、4400万程度のスコアとなった。

今後追加されるブロマイドによって限界スコアはさらに上昇すると思われるが、既存のブロマイドを編成した場合の限界スコアを知ることができた。

アイレーン3体編成時のハイスコア

「EMPIRE DOMINATOR」と相性の良いアイレーンを3体編成した時のハイスコアを調査した。バンド編成は以下の通り。「レゾナンスソウル3の効果による限界スコア」のバンド編成のSSRハッチンを「スコアUP+++」のアイレーンに変更した編成であり、変更前とハイスコアの比較を行う。

メンバー
1枠フェスほわん
2枠ハッチン
3枠URアイレーン
(スコアUP+++)
4枠URアイレーン
(リンクUP++)
5枠SSRアイレーン
(リンクUP+)

調査環境・条件

キャラクター強化状態とハイスコアの関係」と同じ。

調査結果

アイレーンを3体編成する時の、各ブロマイドの強化状態と「EMPIRE DOMINATOR」のハイスコアの関係は以下の通り。

フェスほわんハッチンURアイレーン
(スコアUP+++)
URアイレーン
(リンクUP++)
SSRアイレーン
(リンクUP+)
ハイスコア
RS2 Lv10RS2 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv1033,892,139
RS3 Lv10RS2 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv1037,274,093
RS2 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv1037,183,544
RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv10RS3 Lv1040,827,933
表の見方
  • レゾナンスソウルはRSと表記する
  • 強化状態は、黒色が「レゾナンスソウル2のLv10」、赤色が「レゾナンスソウル3のLv10」を示す

アイレーンのみ最大まで強化する場合のハイスコア

アイレーンのみレゾナンスソウルを最大化する場合、アイレーンの3体編成のハイスコア「33,892,139」の方が2体編成のハイスコア「33,623,582」よりわずかに高くなることがわかった。

アイレーンとハッチンを最大まで強化する場合のハイスコア

アイレーンとハッチンのレゾナンスソウルを最大化する場合、アイレーンの2体編成のハイスコア「40,358,271」の方が3体編成のハイスコア「37,183,544」より大幅に高くなることがわかった。流石に「スコアUP+++」のアイレーンはアクティブスキルが弱いと言わざるを得ない。

まとめ

今回はレゾナンスソウル3の効果を、フェスほわん、リンクUPのクロウとアイレーン、リスキーダブルUPのハッチンを編成したバンドで簡易調査した結果を紹介しました。調査した楽曲は「EMPIRE DOMINATOR(Expert)」で、その結果、以下のことがわかりました。

レゾナンスソウル3の効果について調査した結果【EMPIRE DOMINATOR編】
  • 「アクティブスキルのクールダウン時間の短縮」および「アクティブスキルの効果時間の延長」の効果について
    • Lv3まで上げた時の1つの効果によって、ハイスコアは数%増加する
    • Lv6まで上げた時の2つの効果によって、ハイスコアは約5%程度増加する(アイレーンの「リンクUP++」×「スキルリキャストDONW+」の場合でのみ確認)
  • 「スコア10%UP・コンボ補正10%UP」の効果によって、ハイスコアは10%程度増加する
  • 「ライフ15%UP、リズム・メロディ・ハーモニー5%UP」の効果によって、アイレーンのみハイスコア増加率が3%程度に達する。これは、アイレーンのアクティブスキルが強力なリンクUPであり、潜在能力によってアクティブスキルが強化されているためであると思われる
  • レゾナンスソウル3による現時点での限界スコアは4400万程度
  • アイレーンの3体編成について(スコアUP+++、リンクUP++、リンクUP+のブロマイド)
    • レゾナンスソウルを最大まで強化できるのが1名の場合、アイレーンを最大強化して3体編成する方が有効
    • レゾナンスソウルを最大まで強化できるのが2名の場合、アイレーンとハッチンを最大強化して両者を2体編成する方が有効(もちろん、アイレーンはリンクUPの2体編成)

レゾナンスソウル3のLv9の効果「スコア10%UP・コンボ補正10%UP」が特に強力です。

また、リンクUPのアイレーンのように強力なアクティブスキルを持つブロマイドがあり、レゾナンスソウル3でアクティブスキルの「クールダウン時間」と「効果時間」を同時に強化できるキャラクターは優先的に強化すると良さそうです。

なお、このアイレーンの潜在能力はスキルリキャストDOWNですが、スキルリキャストDOWNはレゾナンスソウル3の「クールダウン時間」と「効果時間」の強化と相性が良いのかもしれません。スキルリキャストDOWNによってアクティブスキルの発動回数が実質的に増え、そのどの発動に対してもこれらの効果が乗るようになるからです。そのため、これらの効果は、アクティブスキルの発動回数が実質的に減るスキルタイムUPより、スキルリキャストDOWNの方が相性は良いのかもしれません。